<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

a0236824_13102778.jpg「キノシタさん、クッキーよくガンピーで買ってます」「くるみチーズのパウンドおいしいですね」と、声をかけていただくことがあります。
どうしても焼き菓子のイメージが強いキノシタですが、予約中心でバースデーケーキやロールケーキ、チーズケーキなんかもあります。カフェがオープンすれば、もちろん、お店でのメニューとして考えています。それまでにもっともっとカフェメニューを充実させなければ…。
こんなケーキがあればいいな、と思われたらまたお知らせくださいね。お誕生日のケーキもそうでしたが、我が家のメニューは友達からのリクエストに応えて増えたものばかりです。
by okashinoie-kino | 2011-09-25 13:10 | おかしの家
小学校の運動会があり、長女が二年生、次女が幼稚園として出場しました。前日までの雨の予想が一転、暑すぎるほどの晴れ。無事に予定通り終わりました。良かった!!
長女はかけっこで六人中六位、次女は四人中四位…元陸上部の主人に言わせれば、運動神経以前に二人とも競争心がないらしいです。そうそう、明らかにスタートから出遅れてる…
しかし娘たちよ、始まったばかりの学校生活、足が速いとか遅いとか、そういうことでいちいち劣等感も優越感も持たないでおくれ。大丈夫、それぞれ自分の好きなことさえしっかりあれば、人生は楽しく生きていけるのだから…と万年ビリだった母さんは、思うのでした。あ、娘たちの足、私の遺伝のようですね。
by okashinoie-kino | 2011-09-18 20:53 | つれづれ
今、こうして出番を待っているのは、明日の、とあるカルチャー教室のためにご注文を頂いたもの。中にはくるみのクッキーと、イチジクとカマンベールのマフィンが入っています。せっかく早くから注文をして 頂いていたので、今の季節のイチジクを使って新しい商品を作ってみました。
明日、喜んで頂けますように!
こんなプチギフトや、季節のプレゼント(お中元やお歳暮など)、ご予算に応じて、承っておりますのでご相談ください。秋は結婚式の引き出物のご注文もa0236824_21373960.jpgよく頂いています。有難いことですね。
by okashinoie-kino | 2011-09-16 21:41 | おかしの家
アリエッティ展に行ってきました。映画も観ていないし(子どもたちはおばあちゃんと行った)、夏休みの子どもサービスのつもりだったのですが、親の方が思いがけず楽しんでしまいました。
そもそも種田陽平という、アリエッティの映画の美術監督が手掛けたものでした。そして、彼が今までに美術監督を務めた作品が、フラガール、悪人、the有頂天ホテル、空気人形、ヴィヨンの妻、ちょっと懐かしいところでは、スワロウテイル…作詞家の阿久悠さんが亡くなられた時、追悼番組かなんかで、えーっこの曲も?って思った記憶がありますが、まさにそんな感じです。もしくは、今なら秋元康とか。一見、毛色の違う、それでいて有名どころの美術監督をいくつもされているのです。
そんな彼のキーワードが「虚構と現実」。おまけにデビュー作が寺山修司(私の卒論テーマだった)の作品だったと知り、ますます納得。
なんでもカフェに結び付けるのは、最近の私の良くないクセですが、美容院でも、カフェでも、居心地よく好きな空間は確かに、虚構と現実だよな、と思います。虚構のみの、例えばディズニーランドのようなお店は、私はどうも心からは楽しめないんです。
主人の作るお菓子も決してキラキラはしてないけれど、私はとてもa0236824_1222119.jpg好きなんです。手前味噌ですが…そんなお菓子に似合う、空間、器、家具…。一つずつ、二人で考えている、最中です。
主人の母からもらいました、にんにくオイル。1ヶ月後から使えるらしいです。昨日はゴーヤのきゅうちゃんみたいなのをもらいました。
野菜を作るのは、主人の父ですが、それを利用して母がいろいろなものを作ってくれます。今年の夏はたくさんの自家製ケチャップも。ハンバーグを煮込んだり、カレーに入れてもおいしかったです。
実家の母もシソジュースや季節のものを作るのが好きですねー。多分、二人とも食にまつわることが好きで、そんな親のもとに産まれた私たち夫婦がそれを生業とするのは自然なことなのかもしれません。
益子のスターネットのように、地産地消、いえ地産多消費カフェができたらいいなぁ。カフェで、おばあちゃんのケチャップやシソジュースの販売も考えていますa0236824_22181680.jpg
by okashinoie-kino | 2011-09-12 22:19 | 食のこと
いい大人のくせに、お盆が過ぎ夏休みが終わるのが、何となく寂しいのです。いくつになっても夏って、色鮮やかな季節だと思いませんか?おまけに台風の後、秋風らしきものも吹いたりして。
二学期が始まったとたん、放課後になると我が家の人口密度がぐっと高くなりました。昨日なんて、長女が一人、次女が四人お友達を連れてきて、我が家の子どもをあわせると8人に!ただ、三女も一緒に遊んでくれるからかえって楽ですが。
病院ごっこ、学校ごっこ、おうちごっこ、シール交換‥様々な遊びが繰り広げられるなか、ふと気がつくと、八人全員が手にカバンを持っている。そういえば、それぞれ性格も、発達の過程も違う我が家の三姉妹ですが、歩き始めた頃にはいつも手にカバンを持っていたな‥これが男の子なら、車とか、武器みたいなものなのか。
女の子とカバンの関係、何か意味がありそうです。ちなみに、三女が持ってうろちょろしていたカバンの中身は‥カメラと薬と包丁!!でした。
a0236824_23395916.jpg
by okashinoie-kino | 2011-09-06 23:40 | つれづれ
a0236824_0243238.jpg
我が家のブルーベリーが収穫の時期を迎えました。そのままでも十分美味しいですが、焼き菓子に加えるときは、生のまま、少しオーブンで焼くといいようです。ミニトマトをよくオーブンで焼きますよね、あの要領です。水分がとんで甘さが増しますし、色味もキレイに出ます。このブルーベリーのパウンドケーキ、ガンピー穀物倉庫にて発売しています。ブルーベリーがなくなり次第、終了します。チーズを入れてもいいかもしれませんね。
by okashinoie-kino | 2011-09-03 00:38 | おかしの家
ざっと私たちの紹介を。おかしの家キノシタの、製造担当は夫婦のうち、主人のみです。妻である私は、試食と言う名のつまみ食い担当。なぜ、おかしの家という少々メルヘンちっくな名前がついているのかというと、本当に家でお菓子を作っているからです。
そもそも、主人が十年以上勤めた会社を辞めたのは三年前のこと。彼なりに、今後の人生についてゆっくりと考えたかったのかも知れませんが、直後に私がちょっと入院してしまったり、謎の腰痛になって救急車で運ばれたりしているうちに、すっかり主夫業務が板についてしまったのです。もともと食べるのも、作るのも好きだった彼がお菓子作りをはじめてみたのはちょうどそんな頃。第一作のロールケーキは伊達巻のようでしたが。
そうこうしていると、私が今度は妊娠し、つわりでまたまたの入院。その子が産まれる頃には(因みに第三子)、知らない人から口コミで携帯にケーキの予約注文がどんどん入るようになっていたのです。そして、今は地元のスーパーに卸したりもするようになり、来春にはカフェ&ショップのオープンも考えています。流れにのっているのか、単に流されているのか分かりませんが、今の状況を楽しむ楽観性を大切に素敵なお店を計画しています。
少し長くなりました。とりあえず、これが今までとこれからの私たちについてです。
by okashinoie-kino | 2011-09-02 00:48 | おかしの家
ブログを始めると周りに宣言しながら、1ヶ月以上経ちました。新学期も始まる今日、真夜中にひっそりと始めてみます。まるっきりのアナログ人間ですが、やむにやまれぬ事情もあり、こちらの世界に足を踏み入れてみます。ボチボチ更新しますので、よろしくお願いいたします。
by okashinoie-kino | 2011-09-01 01:02 | つれづれ